令和元年産新米ハナエチゼン白梅学園様へ寄贈

本日8月19日 令和元年産のハナエチゼンをいち早く食べて頂きたく、福井県社会的養護施設協会事務局へ収穫したて寄贈致しました。

社会的養護施設協議会の会長様でいらっしゃる、白梅学園園長の塩野 宏様に受け取っていただきました。
今年で、5回目となる贈呈です。


お米を一緒に運んでいただけた、お子さんや施設の職員さんも「早く食べたい」と笑顔でした。


新米を食べるという1年の中の1つ文化になる事で、日本らしさや感謝の心が養われると良いと考えております。


このお米は、県内の9つの施設へ分けていただけるとの事でした。

top