新低温倉庫が完成しました。

2014年9月21日 取り組み

この度、2014年9月21日 福井工場に新低温倉庫が完成致しました。
これも皆様のご指導、ご鞭撻の賜物と感謝申し上げます。

新低温倉庫のサイズ

土地 2,823㎡(855坪)
建物 1,562㎡(473坪)

福井精米総面積

敷地 14,293㎡ (4,331坪)※テニスコート約55面分
建物 7,174㎡ (2,174坪)
低温倉庫 2,723㎡ (825坪)
保管能力 10,000㌧ (低温6,900㌧)※福井県79万人2.8ヶ月分の消費量

私たちは新低温倉庫建設により、さらなるお客様の喜びを追究してまいります。


追究1:米の品質劣化防止

新低温倉庫を、温度15度・湿度50%で年間保つことにより、貯蔵・保管中に起きる品質低下を防ぎます。

追究2:低コストでの販売

米を自社倉庫で管理することで、保管料金・移動費を削減し、低コストにて商品を製造・販売していきます。


私たち社員一同は、新低温倉庫の完成を新たなスタートとしてとらえ、新たな気持ちで業務に取り組んでまいります。

引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。